本文へ移動
          中間市社会福祉協議会は このような取り組みを行っています
新型コロナウイルス感染拡大に伴う各種事業の休止について
2021-05-11
重要
    全国で新型コロナウィルス感染拡大が懸念されるなか、県内及び市内においても感染者が増加しています。
その対策として、国も福岡県をはじめとした6都府県に緊急事態宣言を発出し、外出の自粛や飲食店に対する営業時間の短縮要請の強化をはじめとする緊急事態措置の実施が決定されました。
    これを受け新型コロナウィルスの感染拡大の対策として、5月12日(水)から緊急事態宣言が解除されるまでの期間、原則、中間市総合会館(ハピネスなかま)の利用制限が実施されます。
 
○  障害者地域活動支援センター事業
  (5月12日(水)から緊急事態宣言が解除されるまでの期間 休止 ※電話相談等は承ります。)

○ 3階トレーニング室健康運動事業
  (5月12日(水)から緊急事態宣言が解除されるまでの期間 休止)

○  子育てサロン事業
  (5月12日(水)から緊急事態宣言が解除されるまでの期間 休止)

○  心配ごと相談事業
  (5月12日(水)から緊急事態宣言が解除されるまでの期間 休止)

○  出前教室派遣
  (5月12日(水)から緊急事態宣言が解除されるまでの期間 休止)
 
    皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、ご利用される皆様の安全を第一に考え、感染拡大を防ぐ観点から、ご理解いただきますようお願いいたします。
    なお、社会福祉協議会の業務及び、学童保育事業、親子ひろばリンク事業、移動支援事業は通常業務にて実施いたします。事業の詳細につきまして、本会並びに各事業所にご確認いただきますようお願いいたします。
 
(その他)
・  中間市総合会館の休館を受け、ハピネスなかまのバス運行も5月12日(水)から緊急事態宣言解除までの期間、運行休止となります。皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、ご理解いただきますようお願いいたします。

○  コロナウィルス感染拡大に伴う自粛要請期間の中間市社会福祉協議会の事務所運営日時は土曜・日曜・祭日を除く月曜日から金曜日の8時30分から17時15分までとなります。
 
※  国、県及び市などから感染症対策についての新たな指針等、示された場合、予告なく休止期間の長・事業内容等に変更が生じることがあります。予めご了承ください。
 
TOPへ戻る